行政評価システムの目的

行政評価を実施する事には、次のような目的が考えられます。

◆計画(Plan)→実行(Do)→評価(Check)→反映(Acti
on)→計画(Plan)→・・・
というマネジメント・サイクルを確立すると同時に、意思決定の最適化やプロセスの透明化を進めることで行政内部の効率化・活性化を図る。

◆自治体が行っている事務や事業について、市民の皆様に説明する責任を果たし、皆様と情報を共有するとともに、市民の皆様のニーズや満足状況を常に把握して、行政活動へと反映させていく。

◆コスト意識を高め、経営感覚を身につける等の職員の意識改革へつなげる。
同時に、実際の成果を重視し、限られた資源(人・物・金等)を有効に活用する。

行政評価システムの導入にあたって、各自治体が置かれている状況を考え、施策の目的を明確にしつつ導入する事が、十分な成果を発揮する事につながります。
また、住民との強調(パートナーシップ)で取り組むことが最も重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です