行政評価システムとは?

行政評価システムの導入によってもたらされる、住民・行政のそれぞれのメリットについて整理してみましょう。

行政評価システムとは、行政が実施する活動に対して、下記のようなマネジメントサイクル(PLAN-DOSEE)を活用して、事業を実施における活動内容と成果や取り巻く状況などを総合的に評価し、その評価を今後の行政施策・事業の改善に反映させる事、更によりよい行政を行っていこうとするものです。

行政評価システムのマネジメントサイクル

Plan(計 画)→Do(実施)→Check(評価)→Action(改善)

Plan(計 画)
解決すべき課題に対し、どんな手段が必要か?
事業の目的と成果を明確にして計画する。
Do(実施)
計画に沿って、事業費・職員を投入し、事業を実施する。
Check(評価)
事業の結果から計画は良かったか?
実施状況は良かったかなどを評価する。

行政の活動は、上記のように、政策・施策・事務事業の三層
から成り立っており、これらが目的・手段という関係で連鎖的な構造になっています。
政策目標を達成するためには、それぞれの関係が「有効に機能」している必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です