実績作りに外資系への転職は役立つ

実績作りを考えるのであれば、外資系への転職は役立つと言えます。少なくとも国内企業よりは成果を出しやすい環境になる可能性が高いという事になるはず。日本の国内企業は成果主義になっているとは言いながらもまだまだ外資系に比較するとその徹底ぶりは甘いというしかありません。

 

まず外資系企業のように成果が出せない従業員を即座に見切るというような事をしているようなところは少ないといって良いでしょうから、実績を獲得することを考えるのであれば外資は大きな魅力という事になるはずです。日本はある程度の実力を見定めてからそれなりの環境を用意するという事を考えますが、外資はいきなり環境を用意してくれるという事も大きな魅力です。

 
当たり前の事ですが、仕事で成果を出すにはそれなりの環境も必要になります。一人で出来る事も少ないでしょうから、それなりの部下を必要とするという事もあるでしょうし、設備などが必要となるという事もあるはず。外資は転職をする時にはそうした条件を聞いて双方が納得した上でその環境を整えるという事をします。これは成果を出してもらうという意味では当然のことで、そこに期限も入れてこの期間内で成果を出すという事を要求することもあるでしょう。

 

ですから、当然そこには厳しい条件が入る事にはなるわけですが、それだけにそこで得られるものは大きなものがあります。信用を獲得することが出来るという事も当然ながら、信用以外でも実績から成果から全てを自分のものとすることが出来るので、次の転職を考えるという事も出来るようになります。

 

今の時代は一つの企業に固執するという事の方が大きなリスクとなると時代だと考えなければなりません。そのような事になれば逆に企業に飼い殺しにされるというようにみなすべきかもしれない。日本は今はこの飼い殺しをいとも簡単にする状態でもありますから、外資系を考えるのは良いことだと言っても良いかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です