行政評価システムって?

近年の地方自治体を取り巻く環境を考えると、進行する少子高齢化、悪化する財政状況など、状況は大きな変化を遂げていると言えます。
この様な環境の中で、少ない経費で大きな効果を挙げるためには、効率的で弾力的な行政運営を行う必要があります。
こういった背景から、多くの地方自治体が行政評価を導入することになりました。
これまで、地方自治体における行政運営では、「マネジメント」に必要な情報を収集したり分析するしくみが確立されていませんでした。
このため「計 画」→「実施」という流れで、行政が繰り返されることになっていたのです。

これに対して行政評価システムでは、「評価」「改善」という要素を加え、必要な情報を収集、分析し
Plan(計 画)→Do(実施)→Check(評価)→Action(改善)
というサイクルを実現することが可能となります。
また、透明性の高い行政、住民の参加する行政、効率的な行政運営が可能となるのです。
現在では、多くの自治体が「行政評価システム」を導入し、自治体運営に好影響をもたらしています。